b-rec. 身近な野鳥の観察記録

いつもの公園で いつもの鳥たちと

キンモクセイとメジロ・シジュウカラ、バードサンクチュアリでカルガモ

2023-10-22 9:40-11:50 晴 16.2-18.3℃

 

 

良い天気の日曜日、いつものように公園へ出かけました。まずは、シジュウカラに挨拶です。

 

 

紅葉はまだ先ですね。

 

 

そうだ、キンモクセイを撮らねば、と挑戦してみることにしました。

 

 

ん〜…どうやって撮ろう?と大きなキンモクセイの木の下で考えあぐねいたところ、

 

 

急に小鳥たちの気配が。メジロです!

 

 

シジュウカラもきました!

 

 

 

 

4〜5羽いて、まとが絞れません(笑)。

 

 

細かい枝が多く、動きも早く、難しかったです。

 

 

 

 

キンモクセイに小鳥たちがくるイメージは全くなく、予想外でした。でも、小鳥たちとキンモクセイ、今年はこれで決まり!(笑)と思いました。

 

 

 

 

でも、なぜキンモクセイに来たのだろう…。香りに誘われて、吸蜜?でもシジュウカラもきている…。シジュウカラは吸蜜はしないような…。それに、キンモクセイの花に蜜あるのかな?と思っていると、

 

 

答えは、カメラがとらえていました。メジロの口先に小さな青虫!

 

 

パクリ。

 

 

 

 

自分にはさっぱり見えないのですが、この大きなキンモクセイの木には、かなり青虫がいるようです。長いこと小鳥たちは採餌していました。自分もかなり粘って、シャッターを切ったのですが、なかなかこれだ!というのは撮れなかったですね。実力不足を感じました。でも小鳥たちの距離が近く、幸せでした! 小鳥たちも最後の方は自分のことなんて気にしていなかったです(笑)。

 

 

まさか小鳥とキンモクセイが撮れるなんて、良かったなあ、と思いながら、バードサンクチュアリへ。

 

 

最近お気に入りのカルガモ。期待を裏切りません(笑)。

 

 

勝った!みたいな感じで羽を広げていました。

 

来年も忘れないように、キンモクセイ(と小鳥たち)を撮ることにしよう。