b-rec. 身近な野鳥の観察記録

いつもの公園で いつもの鳥たちと

いつもの公園へ キビタキ(声のみ)、一葉たご(ヒトツバタゴ、別名なんじゃもんじゃ)、ムクドリ・オナガの巣材集め

2024-04-27 8:45-10:50 曇り時々小雨 19.6-21.2℃

いつもの公園へ。カラスに挨拶。小鳥たちを見かけなくなった分、カラスたちが目立ちます。キビタキの声も聞こえますが、深い木々の上の方、全く見つけられません。

水場に珍しくキジバトカップルかな?

ドバトたちが集団で枯葉をひっくり返していました。

気分転換に、いつもと違うコースへ。繊細な白い花が咲き誇っていました。通ったことあるコースでしたが、こんなに綺麗な花が咲くとは、今まで知りませんでした。一葉たご(ヒトツバタコ)、別名なんじゃもんじゃ、だそうです。

新しい発見があって、なんとなく得した気分で、公園を後にしました。

公園から、買い物へ行く途中、小さな緑地で鳥の気配がしました。ムクドリでした。

みると、巣材を口にたくさん!子育ての時期ですね。

そばには、オナガもいました。

こちらも巣材をくわえているようです。季節を感じますね。

小雨のぱらつく天気でしたが、静かで気持ちよく感じました。花や、鳥たちから季節を感じました。今日はこの辺で。