b-rec. 身近な野鳥の観察記録

いつもの公園で いつもの鳥たちと

いつもの公園へ カワラヒワの羽、ツ組、サザンカメジロ、ウメメジロ

2024-02-24 09:40-11:00 晴 5.9-6.9℃

いつもの公園へ。最近はスタート地点にいつもカワラヒワがいます。

カワラヒワの尾羽は割れていて、エビフライのよう、と前回紹介しました。そのほかにも、飛んでいる時の、広げた羽がきれい、なのですが、なかなか自分では撮れません。今日のカワラヒワは、細い枝につかまりながら、種子を食べていました。観察していると、バランスをとるために、頻繁に羽ばたいているのに気が付きました。これなら自分でも撮れるかもしれない。カメラのシャッタースピードを上げてみます。

ま、こんなところでしょう。数十羽のカワラヒワが、一斉に飛び立つ時の写真をよく見ますが、それはとてもきれいです。

地面にはツグミがいまして、

いつのまにか2羽に。

ツ組?(笑)。しばらくつかず離れずで、観察していて、とても楽しかったです。

そろそろ、サザンカのところへ向かいます。

サザンカもだいぶ元気がなくなってきましたが、まだまだメジロたちのレストランです。

今日もたくさん撮らせてもらいました!

次は梅林に行ってみることにします。

公園の梅林は、満開でした。梅とメジロがまた撮れてよかった!

上の写真、メジロが飛んだ後に、水滴が舞っているのがわかりますでしょうか?明け方まで雨が降っていたようで、梅の花に水が溜まっていました。そこをメジロが通るたびに、水滴がはじけて、キラキラ! 移動するメジロに沿ってキラキラしていて、本当に妖精のようでした。

連続写真で、アニメ 動画風にしてみましたが、う~ん、もっときれいでした(笑)。

今日は水場には鳥の気配はなしでした。用事があったので、公園を後にしました。

前日は雨で寒かったですが、天気も良く、とても気持ち良かったです。今日はこの辺で。