b-rec. 身近な野鳥の観察記録

身近な野鳥の観察も楽しい!:ビーレック - Birding Record -

カワセミ = 幸せ 2022-02-23

2022-02-23 14:00-15:00 晴 9.7℃

昔から早起きは苦手、そして年をとるごとに寒さが身に堪えるようになりました。野鳥観察には不利だなと思いつつ、のんびり出かけました。いつもの公園の入り口、コゲラシジュウカラカワラヒワを期待しましたが、木の上のほう、遠くでシジュウカラが元気よく囀るのみでした。その先の山茶花にも期待できないなと思いつつ、のんびり歩いて行きます。すーっと鳥が横切って目の前におりました。

f:id:SiO79:20220223174233j:plain

ツグミ - 目の前に降りてきてくれました

f:id:SiO79:20220223174246j:plain

ツグミ - こちらをチラッと見て挨拶

ツグミです。挨拶してくれた後、またすーっと飛んでいきました。山茶花にはメジロのペアが1組。よく目を凝らすと、めずらしくシジュウカラが1羽。一心不乱に何かを啄んでいました。カマキリか、他の昆虫の卵のようでした。

f:id:SiO79:20220223174259j:plain

シジュウカラ - 山茶花にて、カマキリのたまご?を啄む

梅園に向かう途中、カラ類の混群に出会いました。

f:id:SiO79:20220223174309j:plain

シジュウカラ - 混群の先鋒

いるかな〜と思っていたエナガ、いました!

f:id:SiO79:20220223174321j:plain

エナガ - 遠くに

f:id:SiO79:20220223174331j:plain

エナガ - 動きがはやく、撮ろうとするとすぐ次の場所へ

でも遠く、動きが早く、なかなか撮れません。そのうちに混群は通り過ぎて行ってしまいました。またのチャンスに期待しましょう。

梅園では、陽あたりの良いところが咲いていました。

f:id:SiO79:20220223174344j:plain

梅園にて

梅園全体の1割くらい。春までもう少しです。ウメジローはまた後で。

f:id:SiO79:20220223174357j:plain

アトリ - 水場で

f:id:SiO79:20220223174409j:plain

ヒヨドリ - 水をすくってごくごく

いつもの水場でアトリとヒヨドリをさっと観察して、大通りに面した鑑賞池へ。最近よく見るよ、という子供の情報のとおり、いました!

f:id:SiO79:20220223174437j:plain

カワセミ - 人通りのすぐそばの木に

カワセミです。人通りのすぐそばの木にとまっていました。足を止めて、スマホのカメラで撮影している方もいました。もっと羽をきれいに撮りたかったのですが、これで精一杯。

f:id:SiO79:20220223174453j:plain

カワセミ - お腹はオレンジ

f:id:SiO79:20220223174513j:plain

カワセミ - 背中はブルー

数年前、野鳥観察を始めてまもなく、身近なところでこんなにも美しい鳥に出会えたことが、とても幸せだったな、と今も思います。